5、ベースメイク(Make-up Base)の基本

美しいメーキャップは肌表現から始まる!女性ならば誰でも化粧をするのを基本と考える。だが、化粧をする時皮膚表現よりは目と唇化粧にだけ関心を傾ける女性たちが多い。皮膚表現が正しくなされるがあるんじゃなければいくら美しい色で唇に塗って、目の化粧をするとしても全体的なメーキャップの完成度は落ちることになっている。ファンデイションは皮膚を美しく見えるようにするだけでなく皮膚の欠点をポハで外部の刺激

またベースメイクがしっかりしているとホコリ、紫外線などを防御する保護の役割もする。
基礎工事が丈夫になってこそ欠陥工事がないようにメーキャップをする前に重要なのは薄化粧だ。 無条件顔にある細かいほくろを分けるために、または、顔の色を変えるためにファンデイションを塗るのは欠陥工事や同じことだ。 洗顔からスキン、ローション等栄養クリームまで徹底して塗ってくれなければならない。 寒い時厚い服一つだけを着ることより薄い服を幾重にも重なって着ることがさらに暖かいように薄化粧を徹底的にしてくれることが皮膚を保護するのに大変重要な役割をする。 基礎工事が徹底的に正しくなされたとすればそれからは柱をはっきりとたててこそ2階、3階さらに丈夫な建物になることができるように柱工事になることがすぐにベースメイクだ。

栄養クリームまで正しい段階でベースメイクを小豆の粒大きさだけにだけたたくように塗れば良い。 ベースメイクは肌を保護してくれて、色調化粧が長らく持続できるように助ける役割と肌の色を補完する役割をする。 したがってメーキャップをする女性ならば誰でも取り除かずに必ず塗ってくれなければならない。 ベースメイクには色がある。主にピンクとグリーン色をたくさん使う。 この色は皮膚の色により選択をしなければならない。 ピンク色は主に血色がない白い肌に血色を付与するためにピンク色を使った方が良くて、グリーン色は赤い肌、にきびや傷跡がある肌、黄色い肌、細かいほくろ、そばかすがある肌で女性たちの肌を考えれば良い。 割合で考えれば10人中8-9人はグリーン色のベースメイクが似合うと見れる。 また、重要な点はベースメイクの量が多ければその量により化粧が押されるとか浮き立つことがあるので少量をたたくように塗って約30秒程度余裕を置いてたたいた方が良い。 栄養クリームまで正しい段階でベースメイクを小豆の粒大きさだけにだけたたくように塗れば良い。
ベースメイクは肌を保護してくれて、色調化粧が長らく持続できるように助ける役割と皮膚の色を補完する役割をする。 したがってメーキャップをする女性ならば誰でも取り除かずに必ず塗ってくれなければならない。



1) ベースメイクの目的
化粧をよくつけるようにしてファンデイションを長く持続させて浮き立つのを防止する。

2) ベースメイクの種類

1.アンダーベース(Under base):
肌の脂肪分を吸収してベースメイクを長く持続するようにする。 ファンデイションの被覆力を長く持続させる。 原則的にリキッド ファンデイションを塗る前に使う。

2.カバーベース(Cover base,アンチスティック):シミ、ソバカス、目およびシミを消すことをカバーする。(ペンシル、クリーム、スティックタイプなどがある

3.コントロール カラー(Cnotrol color):赤い顔(グリーン色),黄色の顔(紫色)等を塗って顔色を調節する。 ファンデイションの効果を高める。 皮膚の色を調節する。 ファンデイションに塗ってファンデイションの色を調節する。

3) ベースメイク色にともなう効果

グリーン色:皮膚が薄かったりモーゼ血管が拡張されて真っ赤な皮膚、にきび刺激など色とりどりな細かいほくろなど多くの皮膚に適合する。

ピンク色:活気がなくてもろく砕けやすく見える黄色い皮膚によく合うベースメイクで黄色く見える皮膚の色を中和させて皮膚の色を明るくて豪華に表現してくれる。

ホワイト色;フィジー量が多くて簡単にくすんでいて汚らしくなる皮膚や暗い皮膚の色をきれいで透明に表現してくれる。